ショッピング枠を増やして現金化する

ショッピング枠現金化とは?

この記事を読んでいただく前に、まず大前提として皆さんに承知していただきたいポイントがあります。
それは、「ショッピング枠現金化と言う行為は他人に勧められて行うものではない」ということです。
単純に負債が増しますのでそれなりにリスクのある行為ですし、現在の法律的に違法ではないものの、多くのクレジットカード会社が利用規約にて禁止している行為でもあります。
今回の記事は決してショッピング枠現金化の利用を推奨しているものでも、逆に利用を否定しているものでもないことを前提としてください。
ショッピング枠現金化を行うにあたっては必ず、「本当に自分がショッピング枠現金化を行う必要はあるのか」「利用するクレジットカードは利用規約でショッピング枠現金化を禁止していないか」この2点を確認してからにしましょう。

▼ 目次

ショッピング枠現金化とはどのようなものなのか?

それでは本題、「ショッピング枠現金化とはどのようなものなのか?」についてです。
これは簡単に言うと「クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為」です。
読んで字のごとくですよね。

クレジットカードのショッピング枠を使って買い物をすると、カードを切るだけで会計が終わります。
このとき、現金のやり取りは発生していませんよね。
カード会社が買い物の請求明細を発行し、利用者の口座から商品代金を引き落とします。
そしてカード会社はその商品代金から決済手数料(お店がカード会社に支払う利用料)を差し引いた金額をお店に入金するのです。
実際にはカード会社が後払いしているものの、実質的に消費者はカード会社にお金を借りていることになります。
お店とカード会社とで支払いについてのやりとりをしてくれるので、消費者が現金を用意する必要はないのです。

しかし、逆に言うと、このショッピング枠を利用した買い物では「現金のやりとりは出来ない」ということになります。
日本は先進国でも珍しく現金の所持率が非常に高い国ですので、未だに現金でしか支払いができない場面は少なくありません。
「いまどうしても現金が必要、しかし手持ちがない」という瞬間は少なくないでしょう。

そんなときに役立つのが「キャッシング」です。
これは簡単に言うと、カード会社が利用者に現金を貸してくれるサービスです。
ATMにクレジットカードを挿入するだけで利用することが可能なので、実際に利用したことのある人も多いでしょう。
当然、キャッシングで借りたお金は利用者にとって「負債」となりますので、後日口座から引き落とされることとなります。

しかし利用者が万が一キャッシングで大金を借り入れて返済できなくなってしまったら、カード会社にとって困ったことになりますよね。
破産でもされようものなら、完全に赤字になってしまいます。
カード会社にとってもキャッシングはそういったリスクが高いサービスなので、カード会社は「キャッシング限度額」というものを設定し、利用者はその金額以上の借り入れができないようになっているのです。

しかし現金と言うのはいつ何時必要になるか、分からないものですよね。
手持ち以上の現金が、キャッシング限度額以上の現金が、必要となることもないとは限りません。
そんなときに利用されるのが今回のテーマである「クレジットカードのショッピング枠現金化」なのです。

ショッピング枠現金化する具体的な方法

では実際にどのようにショッピング枠を現金化するのでしょうか?
これは大別すると、二つの方法が挙げられます。

一つ目の方法は、「自分で現金化する方法」です。
簡単に言うと「自分でショッピング枠を利用して買い物をして、自分で買った商品を他者に販売する」という方法になります。
簡単に言うと「転売」ですね。
転売は違法と言うイメージが強い人も多いかもしれませんが、じつはそうとも限りません。
転売行為に「営業性」が認められない場合は合法と判断されるケースが多いのです。
営業性とはつまり、継続的に転売を繰り返して利益を得ていると第三者からみて判断できる状況を指します。
この営業性というのは都度判断になりますが、たった一度の転売で営業性を問われることはないでしょう。
ただし古物商の資格をもって営業している場合は、当然ながら営業性が認められても違法ではありません。

二つ目の方法は、「業者を利用し現金化する方法」です。
現金化業者というものが世の中には存在しており、それを利用することでショッピング枠を現金化することが可能となります。
現金化業者には買い取り方式、キャッシュバック方式、買い戻し方式、直接購入方式、といったさまざまな方法で現金化を行う業者が存在しており、それぞれに一長一短があると言えるでしょう。

まとめ

まとめると、自分で現金化した場合、場合によっては換金率が100パーセントを超えることもある一方で、非常に低い換金率となってしまうことも高確率であり得ます。
業者で現金化した場合、換金率が100パーセントを超えるということはあり得ませんが、かなり高い換金率で現金化できることがほぼ確実となるのです。
どちらも一長一短ですが、ショッピング枠現金化する以上は「債務が増える」というリスクは必ず発生します。
そこだけは絶対に注意しましょう。