ショッピング枠とキャッシング枠の計算方法

HOME » ショッピング枠を増やす » ショッピング枠とキャッシング枠の計算方法

ショッピング枠とキャッシング枠の計算方法

クレジットカードを利用する多くの人が自分のカードについて誤解しているポイントがあります。
それが「ショッピング枠とキャッシング枠の関係性」についてです。
ショッピング枠とキャッシング枠は、それぞれ独立した枠だと誤解している人が多いのです。
実際にそのように、実質的に独立した枠としているクレジットカードも存在していますが、ほとんどのクレジットカードはそうではありません。
そこで今回は、一般的なクレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の計算方法を解説します。

結論から言うと、多くのクレジットカードはショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれている形になっています。
たとえばショッピング枠の利用限度額が50万円、キャッシング枠の利用限度額が20万円だったとします。
この場合、50万円+20万円=70万円が合計の利用限度額と思われがちですが、ここが違うのです。
50万円のショッピング枠のうち、20万円分はキャッシングで利用できますよ、というのが正解なのです。
50万円のショッピング枠、20万円のキャッシング枠のクレジットカードで、ショッピング枠を利用して40万円の中古車を買ったとしましょう。
この中古車を買った月は、もともとそのクレジットカードのキャッシング枠の利用上限額は20万円であったとしても、実際にキャッシングで利用できるのは50万円−40万円で10万円までです。
逆に言うと中古車を購入する前に10万円をキャッシングで利用した場合、中古車購入にショッピング枠で利用できる金額は50万円−10万円で40万円までとなります。

つまり、クレジットカードのいわゆる「総利用枠」というのは、ほとんどのクレジットカードにおいてショッピング枠を指すのです。
稀にショッピング枠+キャッシング枠で総利用枠としているカード会社もありますが、本当に稀です。

このようにクレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠というのは、非常に密接な関係にある枠なのです。
計画的にクレジットカードを利用するためにも、ここは正しく理解しておきましょう。