ショッピング枠の利用限度額とは

HOME » ショッピング枠を増やす » ショッピング枠の利用限度額とは

ショッピング枠の利用限度額とは

クレジットカードには、必ず「利用限度額」というものが存在します。
クレジットカードは一般的にショッピング枠の中にキャッシング枠が内包されている形になっており、ショッピング枠全体でいくらまで、その中のキャッシング枠はいくらまで、といったように設定されていることが多いです。
つまり多くの場合、ショッピング枠の利用限度額がそのクレジットカードの総利用枠となります。
今回はこのショッピング枠の利用限度額についての解説です。

ショッピング枠の利用限度額は、通常のクレジットカードだとおおよそ10万円〜50万円ほどの利用限度額が設定されていることが一般的です。
通常のクレジットカードというのは、簡単に言うと「年会費無料で利用できるクレジットカード」になります。

これに対し、年会費が発生するクレジットカードの場合、利用限度額はかなり高額になります。
いわゆるゴールドカードやプラチナカードといったクレジットカードです。
最近では年会費無料のゴールドカードも多いですが、ゴールドカード以上のグレードのクレジットカードの多くは年会費が発生する代わりに、利用限度額が高額に設定されているのが一般的なのです。
富裕層しか所持できないブラックカードに至っては、利用限度額が1000万円を超えることすらあります。

そしてこの利用限度額と言うのは、目いっぱい利用したとしても返済をしっかりと行えば復活します。
たとえば50万円の利用限度額に対し30万円を実際に利用すると、利用可能額は残り20万円になりますよね。
しかしこの20万円を返済すれば、再び利用可能額は50万円になるのです。

なぜクレジットカードはこのような利用限度額を設定しているのか、理由は簡単、「使われ過ぎると返済の見込みが低くなるから」です。
極端な話、ブラックカード所持者だからと言って1000億円の買い物を毎月繰り返されてしまっては、いつか返済ができなくなってしまう可能性がありますよね。
10万円や100万円ならまだしも、1000億円の返済が滞ってしまうとカード会社としても大打撃になってしまいます。
このようなことを未然に防ぐために、クレジットカードには利用限度額が設定されているのです。