ショッピング枠の増額申請とメリット

HOME » ショッピング枠を増やす » ショッピング枠の増額申請とメリット

ショッピング枠の増額申請とメリット

ショッピング枠の利用限度額を増額することは、意外と簡単です。
もちろんカード会社側が「増額しても良い」と判断しなければなりませんので、審査が必要になりますし、自分の意志だけで増額することは不可能です。
しかし増額申請そのものは電話かインターネットで簡単に行うことができます。
電話でオペレーターに直接増額申請するか、インターネットの管理画面から増額申請するかして、審査結果を待つだけです。

しかし、そもそもショッピング枠を増額申請するとどのようなメリットが得られるのでしょうか?
これはさまざまなメリットが挙げられます。

まずは単純にショッピング枠の利用限度額が増額することによって、より高額な買い物が可能となるというメリットです。
何か大きな買い物をするときにクレジットカードを利用したいけれど限度額が足りないので利用できない、もしくは限度額までしか利用できず残りを現金で清算しなければならない、ということは多々あります。
これがショッピング枠の利用限度額が増額することによって、クレジットカードでの支払いそのものが可能になったり、クレジットカードのみでの支払いが可能になったり、支払いが楽になるのです。
クレジットカードの大きなメリットの一つが、カードを提示するだけで支払が済むという「支払いの簡略化」です。
この利便性がさらに向上する可能性は高くなるでしょう。

もう一つの大きなメリットは、「キャッシング枠の自由度が向上する」というポイントです。
多くのクレジットカードは、ショッピング枠を純粋な総利用額とし、その中のいくらまでをキャッシング枠としていくらまで利用可能、といったように設定しています。
つまりショッピング枠が全体で、キャッシング枠はその中に含まれているのです。
ショッピング枠、つまり総利用枠の限度額が増額すれば、その中に含まれているキャッシング枠も実質的に利用できる金額も向上することになりますよね。
もちろんキャッシング枠も利用限度額がありますのでそこまでしか利用できないのは同じです。
しかし50万円のショッピング枠のうち40万円をショッピングで利用したらキャッシングは上限20万円でも10万円までしか利用できなかったのが、ショッピング枠が60万円になればショッピングで40万円使ってもキャッシングは20万円まで可能と言うことになります。

ショッピング枠の限度額を増額申請して実現すると、このようなメリットも得られるのです。