ショッピング枠現金化の手順

HOME » ショッピング枠を増やす » ショッピング枠現金化の手順

ショッピング枠現金化の手順

キャッシング枠を使い切ってしまっても、それでもどうしても現金が必要と言う場面はあるかもしれませんね。
そんなときに最後の手段として考えるべきなのが、ショッピング枠の現金化です。
当然のことですが、必要性が低いのにショッピング枠の現金化を繰り返してしまうと良い結果にはなりません。
本当に必要なときに行ってこそ意義があるものなのです。
それを前提に今回の記事でショッピング枠現金化の手順を解説します。

ショッピング枠現金化は主に二通りの方法があります。
一つは自分で行う現金化、もう一つは業者に依頼する現金化です。

まず自分で行う場合の手順ですが、これは簡単に言うと「転売」を行えば良いので、買ったものを売るだけです。
ショッピング枠で買い物をして、その商品を他社に販売すれば、実質的にショッピング枠が現金化されたことになりますよね。
まずはどのような商品をどのように販売すれば換金率が高くなるかを考えましょう。
図書カードやバスカード、百貨店の共通券、新幹線の回数券、クオカード、電子マネーなどが人気です。
メリットは成功した際の換金率に上限がないこと、デメリットは換金率が安定しないこと、場合によっては違法行為とみなされるリスクがあること、です。

業者に依頼する場合、手順はもっと簡単です。
業者に申し込み、指示通りに動けばよいだけになります。
現金化業者にはさまざまなスタイルがありますので、どのような換金方法になるかは業者次第です。
いろいろと調べてみて自分に合ったところを選ぶことがなによりも重要になるでしょう。
メリットは換金率が安定していること、利用者が違法として摘発されたケースがないこと、デメリットは手数料などを取られるので換金率は必ずマイナスになることでしょう。

手順の面で考えれば圧倒的に業者を利用した方が簡単ですし、安定して高水準な換金率で現金を手にすることが可能かもしれません。
しかし、だからといって必ずしも業者の方が良いと言うわけでもありませんので、その辺は良く考えてから選択するべきでしょう。